Menu

正直よく分からない!婚約指輪っていつ着けるの?

婚約指輪は「婚約」期間に着けるもの

婚約指輪とは、その名の通り「婚約」期間に着けるもので、エンゲージリングとも呼ばれます。では、その婚約期間とはいつのことなのでしょうか?
一般的に、プロポーズされて(して)結婚の約束をしてから、入籍するまでの期間が婚約期間とされています。ですから、本来婚約指輪はこの限られた期間に着けるのが正解です。できるだけ長く婚約指輪を楽しむためにも、早めに指輪を購入したいものですね。

重ね着けでの日常使いやお出かけのときにも!

婚約指輪の平均的な価格は20万~30万円。せっかくなら婚約期間だけでなく、もっと長く楽しみたいのが正直なところではないでしょうか。
最近では、結婚指輪(男性も女性も着ける指輪のこと)と重ねて着けることを前提にデザインされた指輪も増えています。2本の指輪のカーブを揃えたり、ダイヤが上手く収まるようなデザインになっていたり、細やかな工夫が施されているのです。そのようなデザインを選んで、入籍後も結婚指輪と重ね着けするのも良いですし、友人の結婚式やデートなど、ちょっと特別なお出かけのときに着けていくのもおすすめです。
結婚指輪一本で着けるよりも、手元がぐっと華やかになりますよ。

ふたりでじっくり選ぶのもおすすめ!

婚約指輪はプロポーズのときにサプライズでもらうものという印象が強いですが、実はふたりで一緒に選ぶ人が多いのです。特別な指輪ですから、気に入ったデザインを選びたいですよね。
男性がダイヤを選び、女性がデザインを選ぶというようなスタイルが可能なジュエリーショップもありますよ。
一生に一度の指輪、ふたりでじっくり選んで納得の婚約指輪を手に入れてください!

婚約指輪とは女性が男性から贈られる指輪のことで、ダイヤモンドがあしらわれているものが人気があります。