Menu

使用目的によって選びたいローソファのタイプ

フロア付きのローソファ

ローソファと言っても色々な種類がありますよね。空間によって選びたいソファも違い、使い方も様々です。例えばフロアマット付きのローソファ、このタイプはリビングに置けばカーペットもいらず小さい子供にも安全ですし、ちょっと仮眠をとる事もでき、置くだけでその場所がくつろげる空間に変わります。また、フロアマットの上にこたつを置けば、こたつを囲んでできる背もたれにもたれたり寝転んだりと、離れたくない場所になるでしょう。

部屋を隅まで使いたいならコーナーソファ

コーナーソファはデッドスペースを作りません。普通のサイズのソファでコーナーソファを使用した場合に比べ、圧迫感が少なく隅まで使用できるために部屋を最大限活用したい、広く見せたいという方に向いています。またローソファは後ろにひっくり返りやすいタイプもあり注意が必要ですが、このタイプは壁に沿って置くためにその心配はありません。

リクライニング付きのベットソファ

リクライニングを倒しで使用できるローソファベットは来客時にベットとしても使えます。一人暮らしの場合はこれ一台でソファにもベットにもなり、部屋を広く使え、家具をそろえる初期費用も抑えられます。睡眠の質を重視する人にはくぼみの部分が気になる事があるかもしれませんし、安易に干せないので衛生面が気になる人は取り外しできるカバーをかけることが必要です。

インテリアにこだわる人のローソファ

インテリアにこだわっている人には脚付きやレザー素材のローソファが人気です。ローソファの下から見える台座や足の質感が部屋をおしゃれに見せてくれます。またレザー素材を選べば高級感もあり、シックで落ち着いた印象の部屋となるでしょう。このように様々なタイプがありますが、使用場所や使用目的によって選んでみてはいかがでしょうか。

ソファ ダイニング用は特に毎日使うものですので吟味して選びたいものです。専門店ならデザイン性も高く、ずっと座っていても疲れません。