Menu

ローソファーのメリット・デメリットやおすすめ商品

ローソファー使用のメリット

ローソファーは若い世代の間で高い人気を誇っています。人気の理由は色々とありますが、脚がなくて低い位置に座る形になるため、脚を伸ばしやすいのが大きなポイントです。また、ローソファーの中の大半の商品はリクライニング商品のため、ワイドナ商品を買えば寝る時はソファを倒してシーツを敷き、ベッドとして使うことができます。その他、脚が付いていないため、使わない場合は壁に立てかけたりしてスペースを大きく空けることも出来る点も、小さい部屋に住んでいる人にとってはメリットと言えます。

ローソファー使用のデメリット

何かと便利なローソファーながら、デメリット・弱点がないわけではありません。例えば、大半の商品は背もたれの高さが低いため、背もたれが高いソファに座っている場合に比べて長時間座っていると首回りが疲れてしまうリスクがあります。また、脚の付いたソファなどであればパーティーなどでスカートの女性が座りやすいものの、ローソファだとやや座りづらいといった問題も発生します。その他、脚のある椅子と比較すると、よりリラックスできてしまうため、一度座ってくつろいでしまうと立ち上がるのが億劫になる事も留意すべき点です。

おすすめのローソファー

ローソファーはベッドとして使えるほか、通常はベッドとして使っていなくても眠くなったら背もたれを倒して寝ることが可能です。ただし、シーツなしで寝るとなるとよだれや皮脂がローソファーの生地に付着する恐れがあります。そのため、ローソファーを買う場合は、まず革製ではなく布を使用していて、生地を取り外して丸ごと洗濯できる商品を選ぶことが大事です。

ローソファーには、圧迫感が少なく部屋が広く見える、座面が低いので赤ちゃんや小さなお子様にも安心、こたつに合わせても使いやすいなどのメリットがあります。