Menu

伝統的なやり方が逆に新鮮!?親族からの受けもいい神前式がおすすめ!

神前式の費用は?誰でもうまくできる?

日本ならではの挙式スタイルで、パワースポットでもある神社で行われるのが神前式です。今の形式になったのは明治33年ごろだと言われています。人前式などと比べると歴史や伝統の重みを感じられますし、斬新でオリジナリティがあふれる結婚式よりも年配のゲストたちに安心感を与えられる点などが特徴です。神前式をする場合、挙式にかかる費用を初穂料と呼びますが、大体5万円から15万円くらいかかります。この他に白無垢やヘアメイクにかかる料金、挙式の最中に演奏される雅楽の料金などの項目を加えるとさらに予算が増える点は覚えておきましょう。トータルで50万円くらいはかかると考えておけばいいかもしれません。

教会式よりも挙式の流れが複雑で難しそうに感じるかもしれませんが、サポート役の巫女さんや神前式の進行役である斎主の指示に従っておけば問題なく進んでいきます。気になる場合は、事前にブライダルフェアで模擬挙式を行ってみたり、本番前にリハーサルをしておくと安心して当日を迎えられるでしょう。

挙式の流れはどうなってるの?

最初は花嫁行列から始まります。これは斎主たちを先頭に、新郎新婦やその親族たちが神社の本殿まで移動することを言います。雅楽の演奏を頼んでおくと、花嫁行列がより厳粛で重みのある雰囲気になるのでオススメです。この後は斎主が神社に祀っている神様に2人が結婚したことを報告したり、夫婦が交互にお神酒を飲む三々九度などを行います。誓いの言葉を読み上げた後に、神前式でも結婚指輪の交換をして終了です。

鎌倉の鶴岡八幡宮で結婚式を挙げる事も出来ます。とても歴史があり有名な観光地でもあるので、招待客にとってもいい思い出になるのではないでしょうか。