Menu

我が家にぴったりの一品を!オーダー家具の活用で便利に暮らそう!

オーダー家具を取り入れるメリットと方向性

オーダー家具は用途に応じて特別に作ってもらう家具を意味します。既製品には無い独自の作りにすることが出来るので、間取りに最適な一品に仕上げることが出来るのが大きな利点です。また、高級材を使ったおしゃれな家具作りにも適していますが、現在では収納スペースを有効に使える物など機能性を重視する傾向があります。また、部屋の用途別に木材を変えることで室内を広く見せるなど、居住性の向上を目的として作ることも可能です。オーダー家具は木材からデザインまで自分の好みにすることが出来る一方、割高になる点は注意します。また、特定の目的に最適である反面、汎用性に乏しいのもオーダー家具の欠点なので慎重に判断することが大切です。

オーダー家具の作成は長期的な視野で決める

オーダー家具を作る際は木材の品質や装飾に目を奪われがちですが、長く使い続けることを考慮して決めることを心がけます。既製品の家具も数十年に渡って使うことが珍しくないことから、寸法からデザインまでを自分好みに調整出来るオーダー家具なら特に長く使えるようにこだわった作りにすることが大切です。収納スペースの広さや外観の良さなど、便利に使えるうえに飽きない一品にすることが重要です。また、木材を自由に選べるのもオーダー家具の魅力の一つなので、耐久性が高く安全な物を使うことが家族全員が快適に使うための条件になります。薬品処理をしていない天然材で組むなど、居住者の健康管理に配慮した作りにすることがオーダー家具の活用法の一つです。

和モダンとは現代的な洋風の空間に、畳や障子、縁側などの和風の要素を取り入れたスタイルのことを指します。